menu

日焼けQ&A

日焼 Q&A

■初めての方


  • ■前提

    • ・どんな方でも段階を踏めば黒くなります。
    • ・1回で綺麗に黒くする事は出来ません。
      (無理焼きは腫れ、皮ムケの原因、それでは安全性をうたっている日焼マシンの意味がありません。初めは3、4回掛けてじっくり焼く事をお勧めします。)

  • ■来店の間隔

    • ・肌が慣れてくればハードに焼いても大丈夫ですが、皮向け、痛み、ヒリヒリ感があるうちは避けて下さい。

  • ■焼き初め

    • ・初めは下地作りの為、弱いマシンで長時間、空いてない時は強いマシンで短時間。回を増す毎にマシンをレベルアップするか時間を延ばすかして下さい。
      (弱いマシンで25~30分、強いマシンで15分~20分)

    • ・初めの1,2回は赤くなるかほんのり黒くなる程度です。4回目位で小麦色になるのが一般的です。その後好みの色になるまで焼き、後は持続の為、定期的にいらして下さい。

  • ▼下地作り

    •  1回目  少し赤くなる
    •  2回目  ほんのり黒くなる
    •  3回目  少し黒くなる

    •  ※この時期は1~2日おき(肌が日焼けモード)
    •  ※徐々に、時間を伸ばす or マシンを強くする。

  • ▼本焼き

    •  ①好みの色になる迄、数回焼く
    •  ②色落ち前に再度焼く。




■通常説明


■海の前に焼きたい方

当店で3、4回焼いてから海に行くのが、良いのですが、海焼きでのご提案としては、長時間日焼する場合は、弱めの日焼止めクリーム、もしくはあまり焼けないサンオイルを必ず使用して下さい。何もオイルをつけずに焼くとほとんどの方がむけてしまい、元に戻ってしまいます。スタッフの様にかなり黒い者でも同じです。

■当店の雰囲気

日焼サロンと言えば若い世代の物と思いがちですが、実際は10代から60代迄、男女問わず幅広い方に利用されています。特に当店は大人や女性の方も気軽に1人で来店出来る雰囲気作りをしております。

■スタッフ

今時の派手なスタッフを想像しがちですが、当店は大人のお客様が安心して来て頂ける様に、落ち着いたスタッフが接客しております。

■持ち物

シャワー、タオル、保湿剤等、全て揃っておりますので手ぶらでお越し下さい。

■水着

ほとんどのお客様は何も着用せずに焼いています。

■アフターケア

日焼後は保湿クリームを使用下さい。ご用意しております。

■ジェル・オイル

ジェルは当店指定品のみお使い下さい。特に海水浴用のサンオイルは紫外線カット効果が有るので逆効果になり、また清掃の面で使用禁止です。

■少しだけ焼きたい方

初めての方が1度で真っ黒になってしまうわけでは有りませんのでご安心下さい。マシンと時間の選択でほんの少し焼く事も出来ます。

■顔は焼きたくない方

顔にタオルを巻いて焼いて下さい。

■マシンの温度

熱い方が焼けると間違った解釈で部屋の温度を上げているお店もありますが、熱ではなく光で焼くのでご注意下さい。
サウナ感覚で焼く方は結構ですが、焼く量を求める方はある一定の肌温度を超えるとメラニン生成効果が下がるので汗をかけば焼けるというものではありません。
また新型のマシンは冷却能力が高いので従来の様な蒸し暑さはほとんど有りません。

■他店との違い

同じマシンでもライトにより焼け具合が異なりますが、当店では常に新品のライトで最高のパフォーマンスを提供しております。

■健康

医学的にも適度に日焼をする事によりストレス解消、皮膚病対策等さまざまな良い面があり、マシン日焼の先進国、欧州では日照時間の少なさを日焼サロンで補っている為、日本よりはるかに多くのお店が存在します。

■皮膚

風説で紫外線=皮膚がんになり易いといった間違った噂が流れていますが、直接医学的な根拠は無いようです。

■日焼けの医学・ 高血圧の低下

  • ・血糖値の低下
  • ・血液中のコレステロールの低下
  • ・エネルギーと抵抗力の増進
  • ・骨密度の増進
  • ・ストレスの低下
  • ・アドレナリンの増加
  • ・伝染病に対する抵抗力の増加
  • ・ニキビ、湿疹等、皮膚病の改善